ちょろりーの日記 chororing.exblog.jp

子供と犬相手の生活の日記


by chororing
プロフィールを見る
画像一覧

台北旅行記 年末年始 その4 レ スイーツ ダーアン

2017年1月1日 日曜日 晴れ

新年あけました。
今年も宜しくお願いいたします。
今年の目標はそうだなー。新しい身体にあった下着を買うことかな。
ゴムが全部伸びてきてる。乳バンド。

私は昨日は、風呂にゆっくり入って
ビジネスデスクのライトを点けて本を読んでたりして、
エクストラベッドで一人で寝ていたが、
朝6時半にドアをどんどん叩かれて
何やら中国語で言われている。いや叫ばれている。
目覚める。
寝ぼけて開けてみると、アジア人のおばちゃんがいたが、
「オー ウロング~ザルーム ソーリー」とか謝られた。
えっと、朝6時半に間違えないで・・・

昨日遅かったので、もう1回寝直す。
やはり寂しかったので、ちょろおさんの横に潜り込んで
家族3人川の字でキングサイズベッドで寝た。
140センチの子どもと大人2人と3人寝ても余裕のベッドだった。
私は8時半すぎに目覚めた。
朝ごはんが10時までなのでちょろダーとちょろおさんを9時15分に起こした。
眠そうだったが、朝ごはんに行く。
朝ごはんは一階のロビーの横の、ライブラリーとラウンジで。
無料でついていた。

白いご飯と海苔があったので、
ちょろおさんに海苔巻きご飯をしてあげたら喜んで食べていた。
あとフルーツの台に苺が山盛りあったので、
苺をたくさん食べていた。
今、苺が旬のようだ。
ちょろダーが瓜のような緑色のフルーツをとっていて
何かわからんというので、ホテルの人に聞いたら
グリーンパパイヤと言っていた。
ちょろダーは食べられないと残していた。
食感は、瓜、だったらしい。

私はイカとセロリの炒め物と、スクランブルエッグと
サラダを食べたが、
e0109296_14501793.jpge0109296_14503653.jpg

こちらのお料理美味しかった!とくに炒め物!
あっさりで本当においしい。
お粥も食べた。
e0109296_145133.jpg

私は、さらに、出来立ての鹹豆漿が食べたくて
ホテルの道の一本隣の通り(仁愛路)にあるすぐ近くの豆漿屋に行く。
「永和豆漿」仁愛路四段63号。
並んでいたが、兄さんがめっちゃ早くさばいていて、
回転早くすぐ買えた。
しかし、あかん、完全に現地語のみの気配。
順番が来たので、「シェントウジャン~」「ウァイタイ~」と言って、
指1本立てたら、通じた。現地語通じるとうれしいね。
もうちょっとPTA役員一緒の台湾人ママさんに言葉を習おう。
「加油」=ファイト とか旅行では必要なかったべ。
持ち帰ったら、動いたのでもうシェイクされて
おぼろ豆腐のようになっていた。
つけてくれたレンンゲで食べる。美味しい。
e0109296_14513338.jpg

部屋で少しくつろいだ後、11時には出発。
一応元旦なので、初詣っぽく、行天宮へ。
昨日まで泊まってたホテルだったら徒歩圏だったけどね。
東側に移動してしまったので、タクシーで行く。

ホテルの1階には、スキンケアブランドのTANNがあり、
ホテルの向かいはロキシタン。
少し行くとAVEDAがあるという自然派コスメブランド通りだった。
e0109296_150569.jpg

晴天で、暑い。
本当に元旦なんだろうか?
日差しが刺してくる。半袖じゃないと辛い。日に焼ける~

行天宮は、関羽が祭られていて、
関羽はそろばんを持っていて、商売の神様、だと。
では、ちょろダーが出世するように給料もあがりますように。
私はパート先でうまくやれるように、時給もう少し上がらないかなw
ちょろおさんは、やりたい仕事を見つけそれに従事できるように など
欲望の赴くままに、祈ることにする。
e0109296_1453498.jpg

行天宮に一歩入ったら
「収驚」をしてもらうために待っている行列がずらーっと並んでいた。
ちゃんと並ぶところに屋根があるのが素晴らしい。
台北ナビの記事をあとから読んで、
「収驚」とは、びっくりしたり心が落ち着かないとき、
赤ちゃんの夜泣きのときなどに
身体から抜けた魂を身体に戻してもらうことだって。
気もそぞろで落ち着かないときはやってもらうと良いかも~
ちょろおさんもそろそろ魂をきちんと身体に戻してもらったら
本気出すときがくるんじゃないのー

そして建物の中に入り
お参りの仕方が写真つきで出ているので
それに従ってお参りをする。
座ってやるのだけど、頭を下げて礼をするとき
男性と女性で手のひらの向きが違うので注意。
e0109296_14534864.jpg

e0109296_14541715.jpg

e0109296_14545041.jpg


3人の欲望をお祈りした後、
2つの赤い貝殻みたいなのを投げて、
1つが表1つが裏になるまで投げて、
おみくじを引いて、番号を見る。
(台北ナビの記事をちゃんと読んだら
おみくじをひいたら、番号もこれでいいですか?と聞いて
表と裏になるまで何回も投げるらしい)

事務所に行き、おみくじの棚から
自分の番号のおみくじをもらう。
さっぱり意味はわからず。
そのまま大事にしまっておいた。

青い空に赤い建物と装飾が映えてく尽くしい。
e0109296_14554018.jpg

行天宮を出ると日陰もないし、あっついー
すぐにタクシーを拾って乗って、
台北駅の西側の「華陰街」周辺へ。
長安西路。このあたりのおもちゃ屋などをうろうろして
ちょろおさんのおもちゃ欲に付き添う。
たっくさんおもちゃ屋があるのだけど、
日曜なのでしまってる店も多い。
e0109296_1513739.jpg

この辺に「福元胡椒餅」があるから食べたい~と
向かってみたら休みだった。がっかり。
そういや、昨日までいたホテルの近くに
ドーナツの有名店があった。それを食べるの忘れてた。
支店が、福元胡椒餅の向かいにあるがねー。
ということで、ドーナツを5人ぐらい並んで買った。
プレーンを購入。
「脆皮鮮奶甜甜圈」カリカリもっちりドーナツ
その場でできたてを食べてみた。
隣にコーヒー屋があるのだが、そこがお休みなので、
座れるガードレールがあり腰かけて。
e0109296_1521065.jpg

おいしゅうございます。
なんだろう。シンプルで、素朴な感じ。
外側はかなりカリカリ。でも中はふわっとしててもっちり。
周りにまぶしてある砂糖粉がまた良い感じ。

こちらのドーナツ屋の隣にある
「三多屋」という海鮮丼のお店が
ものすっごく混んでいた。すごい人気店で店の外の道路にまで
テーブルとイスがたくさん並び皆さん海鮮丼食べていた。

とりあえず、おもちゃ欲がまだまだあるちょろおさんが
昨年行った永康街にある「永業文具」をのぞきたいと言うので、
いいよ、また永康街でもエビワンタンも食べようか~と出かける。
タクシー乗った。
東門の駅あたりでタクシーを降りると
デンタイフォン本店がすぐある。今日もものすごく混んでいた。
e0109296_1555520.jpg

海老ワンタンの「奇福扁食」へ。
今日は副菜の小皿もとって、タケノコと千切り豆腐の和え物。
e0109296_1523911.jpge0109296_153055.jpg

あと青菜は芋の葉を頼んだ。
e0109296_1531951.jpg

海老ワンタン麺。
e0109296_1534620.jpg

こちらは昨日食べた「高雄五福鮮蝦扁食」に比べると
スープがシンプル。
ワンタンは違いがよくわからん汗
ちょろおさんは昨日の店の方が揚げたネギかエシャロットが
スープに入っていてコクがあったため、昨日の店の方が好みと言っていた。

私は、ワンタンの汁なし麺を頼んでみた。
e0109296_154891.jpg

そぼろ肉がかかっていて、このそぼろ肉が美味しい。
そういや、子どものころそぼろご飯(弁当)が大好きだったな。
そぼろご飯とワンタンスープという頼み方も良いかもと思った。

食後は、ちょろダーとちょろおさんと私は別行動。
ちょろダーちょろおさんは、行きたい「永業文具」と
あとホームセンター見たいななんでも売ってるお店と
色々はしごしていた。
ちょろおさんがね、箱にLEOとか書いてあるような
レゴもどきのアイアンマン、キャプテンアメリカとかの
マーベルミニ人形(レゴと同じサイズ)を集め始めてしまい。
文具屋とか生活百化みたいな店に30元とか50元で売ってるのよー
それをひたすら集めている。気に入るのがいくつかあるそうだ。
旅先なので、悔いのないようにしなさいと言ってしまう甘い私。
旅行先で悩んだものって、私は買うようにしている。

で、私は永康街をうろうろ~
観光客向けのお土産屋がたくさんあってかわいい雑貨なども売ってるので
見てるだけでも楽しい。
泊まってるホテルルスイーツダーアンの裏に本店がある
無農薬お茶屋「小茶栽堂」の永康街店にふらっと入ったら、
小さな箱に入ってるお茶が売っていて、
この箱がかわいい柄だったのでついつい購入。
このティーパックの入った箱は、スーパーでも売ってるのは見た。
e0109296_15152419.jpg

あとここのティーサロンのマカロンにヌガーが挟まってるお菓子が
見た目がかわいくて美味しいと流行ってるともどこかで見たので
こういう珍しいものをちょっとだけ食べたいという義母に1つ購入。

ちょろダーとちょろおさんと合流し、
永康公園にて、タピオカミルクを飲む。
永康街には色々なドリンクスタンドがあるけどどこも混んでいたので、
かき氷・思慕昔の向かいの屋台のおばちゃんから買った。
ここのは、本当にサトウキビとか入って煮えてるタピオカが見える。
それをカップに入れて牛乳を入れてくれ
振って黒糖シロップと牛乳が混じったら出来上がり。
あと昼前に買った脆皮鮮奶甜甜圈のドーナツもおやつで食べた。
公園に去年はなかった柵ができていた。
e0109296_15172867.jpg

「舞味食品」でスナック菓子を買ってから、
タクシー拾ってホテル戻る。
ここのお菓子セレクトなかなか良いのだよね。

ホテル到着は16時ぐらいだった。
部屋でしばしだらけた。
ちょろおさんは、買ってきたレゴもどき人形を
ベッドいっぱいに広げていた。
ラウンジでコーヒーをいただき、ちょろダーは新聞を読んでいた。
ここのホテル、エレベーターホールの花とか
e0109296_15193818.jpg

廊下にある良い香りのするポプリとか
e0109296_15202510.jpg

なかなかセンスある飾りつけがうるさくない程度に
目につくところに色々あって、心癒された。

晩御飯は、元旦だし、食べ逃したら嫌だなーと思い、
ホテルの近くの太平洋SOGO復興館の「點水樓」を予約していた。
ホームページで簡単に予約できた。
携帯番号を入力すると、瞬時にショートメールが飛んできてビビったけど。

19時から予約していたので18時半ぐらいにぶらぶら歩いてデパート行った。
広くて素敵なデパートねー
1階のエントランスすぐの店舗はエロメスで、山羊のディスプレイだった。

11階の「點水樓」へ行く。
名前を告げて席を用意してもらうまで少し待つ。
e0109296_1521339.jpg

受付にいたおじさん。なんか親近感。
e0109296_15221219.jpg

席が用意されたので入店。
e0109296_15224389.jpg

ビール頼んで
中華クラゲと、きゅうりを頼んだ。
e0109296_1523491.jpg

e0109296_15232443.jpg

小籠包と、カニ味噌小籠包と、葱油餅
e0109296_15234328.jpg

e0109296_1524046.jpg

e0109296_15241724.jpg

葱油餅がネギたっぷりでたまらない。ちょろおさんは食べなんだけど。
ちょっとでも味が薄くて酢醤油必須。

これから夜市に行こうかと、これぐらいでオーダーはやめておいた。
小籠包は意外にお腹にたまるのよね。

ご飯後は、ちょろおさんがまた屋台ゲームやりたいというので
寧夏夜市に向かう。
デパート前でタクシー拾った。
結局我が家の行動範囲は、台北駅西側が多いなー
花火がなかったら、ずっとこっちにいてもよかった。
タクシーで10分で移動できるから良いのだけど。
e0109296_1524561.jpg

「寧夏夜市」到着。
夜市で、ちょろおさんは、かなりちっさい子に混じって
ピンポン玉ピストルで的を倒すゲームだの、
パチンコだのやっていた。

私は夜市をうろうろ。
またついつい「旺来蛋糕」シフォンケーキの店で
丸いケーキ買った。50元。

このイカに何か詰め物をして丸揚げしたものが
気になったが、さすがにこれは食べられず。
e0109296_15254563.jpg

愛玉を飲んだり、だらだら屋台を徘徊。
ちょろおさんもいくつかゲームをして満足したようだ。
私とちょろおさん。的宛てゲーム。
e0109296_15261841.jpg

ゲームをすると何かおもちゃをもらえるので
それがさらにちょろおコレクションを増やした。
エコバッグに入れて歩く。

明日は早く寝ないとなので夜市は来れないかな。
満足するまでゲームをしたので、
帰り道につくことにする。
「方家」で鶏肉飯を買い、
e0109296_15265558.jpg

ちょろおさんが苺飴を買い、
e0109296_15272857.jpg

e0109296_15274084.jpg

最後にちょろダーが牡蠣オムレツに挑戦しようかなとか言いつつ
夜市の屋台を抜けたところにある牡蠣オムレツのお店、
何軒かあるので、見てみたが、どこもすごく並んでいて、
さらにちょろダーがオムレツはもうお腹に入らない気がするというのでやめた。
牡蠣は私が苦手な食べ物だから私は絶対食べないので
一人では冒険はしないのだ。
そして私の大好物の飯団、ここの市場出入り口にあるとこの
「慈音古早味阿婆飯糰」も有名なのだが
すんごい行列をしていたので、やめた。

タクシー拾ってホテルまで戻った。
ちょろおさんの買った苺飴、美味しかった。
この手の食べ物は、周りの飴が甘いので
中のフルーツは酸っぱい方が良い。
リンゴ飴より苺の方が小さくて食べやすくて良い。
50元。200円ぐらいか。高いか安いか。

ホテルにて買ってきたものを食べたのだが、
ちょろおさんが鶏肉飯をものすごく気に入り
ほとんど全部食べてしまった。
e0109296_15284070.jpg

私はビールとシフォンケーキという変な組み合わせ。
e0109296_15285422.jpg

ケーキはやっぱり美味しいけど
ビール飲むので、もっとしょっぱい何かを買ってこればよかった。
鶏肉と野菜を塩だれで揉んでもらう奴が気になってたのだが
今さらだが、ビールと食べたかったw

ちょろおさんとちょろダーが23時に寝てしまったので、
私は一人、近くの誠品書店の敦南店へ。
もうすぐここのビルは取り壊しらしい。
が、本屋は営業していた。
食べ物だのファッション関係だの色々テナントが入る階は閉まってたが、
本屋スペースは24時間営業なのだ。
台湾出版物は読むことはできないけど、見ているだけで楽しい。
本屋はやっぱりいいわー

最近私の職場の若者は
コミケだのオタクまっしぐら系が多いので
ついつい日本のオタク漫画は何があるかなーとかのぞいてしまった。

うろうろと本屋をさまよった後は
セブンイレブンによって、しずかーにホテルの部屋に戻り
風呂入って1時ぐらいに就寝。
[PR]
by chororing | 2017-01-01 23:45 | 台北(2016年末年始) | Comments(0)