ちょろりーの日記 chororing.exblog.jp

子供と犬相手の生活の日記


by chororing
プロフィールを見る
画像一覧

子連れハワイ旅行記 5日目

たとえば昨日ドライブしてて薄暗くなったきたときや、
一昨日アラモアナセンターからホテルに戻るトロリー内で眠くなったときなど
ちょろおさんは、「~~ちゅん(自分のこと)の、おうち、かえる」
「おうち、いい」 「いぬ(モコのこと)、あいたい」とか
何度も言っててかわいそうだった。
やっぱ家じゃない場所、見知らぬ人種の人が怖いんだろうなー
気候はいいから日中は楽しいんだけど、
たそがれ時は不安なんだろう。

大人は楽しい海外だけど、この時期の子供にはやっぱまだ早かったかなあと思う。
まあ、私は十分ストレス解消してものすごく楽しいので、
初めての育児に右往左往する私やちょろダーへのご褒美ととらえて、
来たことには全然後悔はないけど、
次、行くとしたら3泊短いグアムとか、
もっと色々わかってから(5,6歳???)かしらん。
もしくはもっとがんがんハワイ連れてきて慣れさせるか(理想だけど無理www)
今度友人が4歳児連れてよろっぱデビューするがその報告聞いてからかな。

4月15日 木曜日

朝ごはんは今日は場所を変えて、ロイヤルハワイアンショッピングセンターの2階にある
アイランドヴィンテージコーヒーへ。
朝9時半ぐらい入店。

カフェラテに、ベーグルw/クリームチーズ、ちょろおさん用にバナナケーキ。
あと義母と私が食べたかったアサイーボウル。
どんぶりみたいな容器に入って巨大で、一人一個だときついと思う。
ベーグルあったから1つしか頼まなかったが正解。
ここの店のアサイーボウルは、クリーム状のミキサーされたアサイーに、
はちみつと、フルーツ、シリアルがトッピングされてた。
クリーミーでときどきシャクッと感じるシリアルと蜂蜜の甘さが
大変おいしかった。
ロコの朝ごはんに人気とかガイドブックに出てるけども 
朝から7.8ドルもするもの食べるのかな・・・?
e0109296_16121886.jpg


ちょろおさんはバナナケーキお気に召さず1口食べて吐き出された。
アサイーにのってるフルーツしか食べなかった。

朝ごはん食べてから10時半すぎ、義母と別行動。
義母はまたDFSギャラリアやワイキキブランド店徘徊するらしい。
義母の姉(ちょろダー叔母)に観劇用バッグを買わないとダメみたいで。
ブランド指定もなく、よさそうなものとしか言われてこず
結構面倒なものを頼まれてきたなーと思うが、ひとごと。

こちらは、レンタカーを返しに行くついでに、セブンイレブンへ。
ちょろおさんに朝ごはんのおにぎりを買う。
おにぎり単品がなくて、朝ごはんセットみたいのを20ドルで買ったが、
おにぎりがホカホカでちょろおさん食べてくれた。

レンタカーをディスカバリーベイセンターにて返してから、
レンタカー屋のシャトルで、ワイキキビーチウォークまで送ってもらう。
ここで私は買い物。ハワイアンキルトなど。

義母と合流し、シェラトン前の停留所からオリオリトロリーに乗り、
アラモアナSCで乗り換えして、ワードウエアハウス方面へ行く。
13時すぎトロリーに乗ってるときに、ちょろおさん昼寝突入。
ベビーカーに乗せておいて、こちらはまずはワードセンターのカカアコキッチンへ。
多分ここの魚料理がちょろおさん好物だと母の確信。
私が好きだから食べたかったのもあるけど。

ワード地区周辺風景    ちょろダー頼んだ今週のオススメガーリックチキン8.79ドル
e0109296_16211139.jpge0109296_16214046.jpg

義母用今日のオススメ アヒ(マグロ)のスパイシー照り焼き11.95ドル 
私とちょろおさん用 マヒマヒ(シイラ)のソテー 10.50ドル
e0109296_16221158.jpge0109296_1622332.jpg

グリーンサラダつけると0.6ドル増

ここのマヒマヒのソテーは、バターとトマトとガーリックのソースが絶妙で大変おいしい。
ちょろダーのと義母のもおいしかった。
ちょろおさんはがっつり昼寝タイムで起きないので
ちょろおさん用にタッパーにご飯と魚やら残して持ち帰る。

そのままワード地区の一角にある、アラモアナの高級デパートノードストロームの
アウトレットショップへ行く。
体育館みたいなとこに、ディスプレイも何もなく大量に物が出てる店なんだが
ひっくり返せばかなりの掘り出し物が。
中目黒で1万8千円だして買ってるマックススタジオのワンピが30ドルとか。
しかもちょろおさんにアラモアナのラルフで40ドルで買ったシャツが18ドルだったので
買ってくれた義母が衝撃を受けていた。
ちょろおさんが寝てるすきにちょろダーの靴やらネクタイとか、買い物できてよかった。

他にワードウエアハウスで手作り石けんとか、
エクゼクティブシェフで、キッチン用品など購入。

ちょろおさんが起きたので、外のベンチでご飯食べさせようとしたけど
食べないので、タクシーにて、ホテルまで戻った。
ホテルの部屋でご飯食べさせたら(もう16時だったからオヤツだな)
やっぱりツボだった。マヒマヒのソテーものすごく食べた。

その後、ちょろダーとちょろおさんは夕方の海に繰り出して行った。
ビーチセンターで、水上足こぎバイクみたいのレンタル。
30分で15.71ドル。高いのか安いのか私にはよくわからない。

二人で海に漕ぎ出して、ちょろダーが「おさかないるかな?」と言うと
ちょろおさんは「きっと、いるよ」とか話して、父親心をきゅんとさせたらしい。

ちょろダー携帯撮影、ワイキキビーチ沖の夕暮れ
カヌー乗ってる人がいるがそれも楽しそう。
e0109296_16373061.jpg


こちらは義母と一息ついたのち、ビーチに出て、
二人を探してみたけど、わからないので、買い物にでかけた。

17時ぐらいのワイキキビーチ。
e0109296_16383580.jpg


義母が姉(ちょろダー叔母)に頼まれた前述の鞄が選べない、と。
こういう土産・・・困ったもんだよ。
他人事だったが、ほってはおけないので
色々今まで見たものを全て思い出して、ちょっとまた店を徘徊して・・・
結局、DFSのセリーヌで無事に観劇用っぽい鞄買えた。
なんかセリーヌがデザイナー変わって、
今までのパステル調からシックな雰囲気に一変しており
70代女性でもありな感じになってた。

その後、私の買い物に付き合ってもらい、ワイキキ内の若者むけの
小さなセレクトショップをいくつか見た。

ちょろダーと電話で話したら、ちょろおさんは海では濡れなかったけど
ホテルのプールのちびっこ噴水ではしゃいでべたべたになったので
部屋にて着替えたところだと。

私たちも戻り、ホテルのロビーで合流して、
ドリンク1杯無料チケットをホテルからもらっていたので
ビーチフロントのバー、「エッジオブワイキキ」で一杯飲む。
ちょうどサンセット時で、さらにハワイアンバンドが演奏しててものすごく混んでいた。
なんとか席を確保して、最後の夜を楽しんだ。
ここのバー、立地良し。
e0109296_16514468.jpg


最後の夜の食事は、ワイキキショッピングプラザの上階にある
田中オブ東京 セントラル店で鉄板焼きを。
予約なしだったけどすんなり入れた。
私の予想通り、ちょろおさんはシェフのパフォーマンスにものすごく釘付けだった。
フライ返しを投げたり、火をつけたり、塩コショウの瓶でお手玉するやつ。

ちょろおさんはチャーハンを。
私と義母は、田中サーロイン。ちょろダーはフィレステーキ。
前菜として海老の焼いたの玉ねぎ炒めとサラダ、もやし炒めと
ご飯味噌汁漬物、アイスはついてくる。

目の前で子ネタ仕込んだパフォーマンスしてくれるシェフ 玉ねぎの噴火
e0109296_16505498.jpge0109296_16511819.jpg

微妙すぎる写真ですみません・・・田中サーロイン
e0109296_16521289.jpg


こういうノリノリパフォーマンス鉄板焼き屋、東京にはないのかな・・・?
元祖のロッキーの店、紅花がどっかにあるとか聞いたことあるんだが。
こういう店だったら2歳児連れでもなんとか鉄板焼きに行けそう。

大満足にて、ビルの一階に下りる。
ここの1階のサプリメント屋が21時だけどまだやってて
Lシステインの500グラム瓶が安くて3瓶購入。
私の美白用というより、ちょろダーの二日酔い用。
ビガッティだっけ?義母愛用化粧品とかも売っててワイキキ中心だし、便利な店だった。

最後の夜、おいしく楽しく過ごせてよかった。

明日は9時に荷物を取りに来るので、
ちょろおさん寝かせてから深夜に一人パッキングした。
スーツケースの他に小さなナイロンのボストンバッグ持ってきてて
それとわけて詰めたら余裕だった。
[PR]
by chororing | 2010-04-15 22:56 | ホノルル(2010年4月) | Comments(0)